Kids環境ECOワード体験情報ナビECOドコ あおなみ線編

HOME>あおなみ線編>荒子駅「地産地消」>《中川区ブランド野菜新製品開発プロジェクト》:開発製品販売者編




はんばい
荒子駅
荒子駅

《中川区ブランド野菜新製品開発プロジェクト》

(1)野崎白菜生産者編 (2)新メニュー開発者編 (3)加工食品開発者編
(4)新メニュー一般公募編 (5)開発製品販売者編
 
はくちゃん祭り紹介(外部リンク)
 

 地元で生産した農産物やそれらを使った加工製品を、地元の消費者に購入してもらい消費してもらう地産地消の取組み。
 それを実践するために、「中川区ブランド野菜製品開発研究会」のメンバーが地域のイベントに参加して、販売活動を行った様子をご紹介します。



あいちの農林水産フェア
(2011年11月13日参加)
 2011年11月10日〜15日に名古屋市中区栄の丸栄にて開催された「あいちの農林水産フェア」。
 このイベントに、11月13日に参加していました。中川区発祥の野崎白菜とシジミを使った「白菜シジミ鍋」の試食提供をはじめ、新鮮な野崎白菜や、これを使った加工食品などの販売を行われました。
 また、「中川区ブランド野菜製品開発研究会」の会員による農産物販売も併せて実施されました。
白菜シジミ鍋試食コーナー miuトマト販売ブース

中川区・地産地消フェア
(2011年11月5日参加)
 2011年11月5日に中川区役所駐車場にて開催された「中川区・地産地消フェア」。
 このイベントでは、国産結球白菜の元祖で中川区発祥の野崎白菜の販売をはじめ、この白菜を使った「はくちゃん豚なべ」の試食提供が行われました。
 また、はくちゃんギョーザ串カツ、はくちゃんキムチ串カツ、はくちゃんジャム、はくちゃんショコラロールなどこれまでに開発された新製品が販売されました。
 さらに、地元産の米粉を使った中川商業高校の生徒が開発した米粉パンや、中部大学による非常食の販売、地元農家による新鮮な農産物の販売も行なわれました。
中川区発祥の野崎白菜
多くの来場者で賑わうはくちゃん豚なべ試食コーナー
中川商業高校の高校生が開発した米粉パン、行列ができるほど人気集中
地元産の新鮮な農産物を産直で販売
中部大学による非常食展示とオリジナル乾パンの試食・販売

中川区区民まつり
(2011年10月23日参加)
 2011年10月23日に富田公園にて開催された「中川区区民まつり」。
 このイベントでは、野崎白菜を使ったはくちゃんジャム、はくちゃんギョーザ串カツ、はくちゃんキムチ串カツ、はくちゃん焼きそば等のこれまでに開発された製品や、中川商業高校の生徒が作った米粉パンを販売されました。
 また、はくちゃんスタンプラリーが行なわれ、会場に訪れたお子さん達にも好評でした。
大好評の中川商業高校の米粉パン はくちゃんジャムも人気
はくちゃんスタンプラリー 売れ行き好調のはくちゃん串カツ
来場者で賑わうはくちゃんブース

にっぽんど真ん中祭り(中川・かぶきもん祭)
(2011年8月28日参加)
 2011年8月28日に荒子公園グランドにて開催された「にっぽんど真ん中まつり」の中川かぶきもん祭会場。
 このイベントでは、2010年12月に開催された「第1回元祖白菜料理グランプリ」で特別賞を受賞した野崎白菜を使ったはくちゃんギョーザ串カツ、はくちゃんキムチ串カツをはじめ、中川商業高校の生徒が開発した米粉パン等が販売されました。
米粉パン販売に中川商業高生が活躍 猛暑の中で串カツがちょっと苦戦
前田利家(笑)にも米粉パンをPR はくちゃん串カツのアンケート実施

ページの先頭に戻る

【新メニュー開発条件】

 地元中川区が発祥の地である幻の白菜『野崎白菜』を素材として使用することが前提条件。(但し、開発の際は季節外れの為、一般白菜で代用可)
 後は、煮る、蒸す、焼く、揚げる、漬けるなど、調理方法は自由に選択可能。

野崎白菜123 野崎白菜2号

【野崎白菜とは】

名古屋市中川区で開発された
国内初の結球
(葉が球状になること)白菜
現在の早生〜中早生種の原点。

 白菜は、明治8年に中国から日本に伝承されました。当時は葉が巻かない品種ばかりでしたが、名古屋市中川区にある『野崎採種場』が、品種改良により国内で初めて結球白菜の開発に成功しました。
 こちらの創業者・野崎徳四郎さんこそが、国産初の綺麗な球状の白菜を作った名手です。
 その後も品種改良を重ねた野崎白菜は、結球しやすく、肉質が柔軟で、食味が良いことを最大の特色とする極早生白菜の代表品種として、中川区を発祥の地に全国各地で生産されています。

野崎白菜開発の歴史PDFデータ
でご覧下さい。

左より「野崎123」「野崎白菜2号」
「ちっチャイ菜」※野崎採種場にて撮影

中川区地産地消フェア
《お問合せ先》

中川区役所 農政課

電話番号:052-363-4358
FAX番号:
052-362-6562
応対時間:月曜日~金曜日
(祝日及び休日を除く)
の午前8:45から午後5:15まで

名古屋市中川区高畑一丁目223番地








Copyright(C)2010 adscoop Kids-Kankyou-Ecoword.ECO-doco All Rights Reserved.